ファッションレンタルの利用経験者は今や驚異の○人にひとりの割合?

コラム

ファッションレンタルを検討してみませんか?


この記事の内容は?
  • ファッションレンタルの会員数や利用状況など、現在の状況を紹介します。

ファッションレンタルはどのくらい認知されているのか?

 ファッションレンタルとは、テレビ番組やCMなどのメディアや、ファッション雑誌などで取り上げられ、どんどん認知度を上げている洋服やファッション小物の月額制のサブスクサービスのことです。

 ファッションレンタルがどれくらい認知されているかを見ると、20~50歳台の男性で50%以上、20~50歳台の女性で70%以上が知っているというリサーチ結果が出ています。

【ファッションレンタル】認知度は?

  • 男性(20~50歳台) → 50%以上
  • 女性(20~50歳台) → 70%以上

 また、何らかのファッションレンタルの利用経験者は意外と多く、驚異の6人に1人の割合で利用した経験があるというリサーチ結果が出ています。

【ファッションレンタル】利用経験は?

  • 利用したことがある → 16%(6人に1人の割合)

 私の仲間や周囲の人にもリサーチしましたが、ほぼ全員が利用経験がありました。職業柄、このリサーチ結果は想定内ですが・・・。

 ただ、こうしたリサーチ結果を見てみると、予想よりファッションレンタルの認知度は高く、利用経験者も多いように感じます。

【ファッションレンタル】リピート率は?

  • 再大手A社リピート率 → 70%(10人に7人の割合

 最後に、リピート率ですが、データを公開しているサブスクで再大手A社で70%と高い結果が出ています。

 このリピート率は、サービスを実際に利用してそのサービスに満足したユーザーが利用するわけですから、データを見てもサービスのクオリティが高いことが分かります。

 ファッションレンタルは、オンライン需要の高まりもあって、2027年頃までは年平均8%以上で成長する傾向にあります。

 各社ともうれしいサービスを続々と展開していますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

 いかだでしたか?

 最近、「ファッションレンタル」というワードをよく耳にするようになりました。

 以前までは、「貸衣裳」と呼ばれ、式典や特別な行事などに利用シーンが限られていましたが、今や日常生活にまでその利用シーンが広がっています。

 必要以上にモノを持たないミニマリストが増加傾向にあること、あらゆるサービスでオンライン需要が高まったことで、洋服もオンラインで借りる時代になったのかも知れませんね。


\ ファッションにも物語がある /

タイトルとURLをコピーしました