ファッションの悩みを解決できるのは認知度急上昇の○○サービスとは?

コラム

ファッションの悩みを解決したくありませんか?


この記事の内容は?
  • ファッションの悩みを解決できる認知度急上昇中の方法を紹介します。

ファッションレンタルで生活が変わった

 私の職場で、日に日におしゃれになっていく同僚のA子にファッションについていろいろと聞いてみました。

 同僚のA子は、どうやら「ファッションレンタル」を利用しているということでした。

 私は、帰宅してからA子から教えてもらった「ファッションレンタル」について、ネットで調べてみることにしました。



 得意のGoogleで「ファッションレンタル」と入力して検索すると、約56,000,000件も関連サイトが表示されました。

 「結構、多いな・・・」

 確かに、最近「ファッションレンタル」というワードはよく耳にするし、テレビやSNSでも話題になったりしていました。

 A子の話によれば、この「ファッションレンタル」を利用して、苦手意識を持っていた日々のコーディネイトを克服してきたようでした。

 「ファッションレンタルで生活が良い方に変わったの!」

 そう笑顔で話すA子は、確かに輝いて見えるのでした。

ファッションレンタルの本当の利用目的は時短、視線、収納ではない?

 ファッションレンタルを利用するようになってから、通勤前の朝の時間が楽になったし、出勤してからも職場で周囲の視線も気にならなくなったし、洋服もきれいに整理できるようになったというのは本当のことのようです。

 何よりA子からは、ちょっとした余裕さえ感じられるようになっていました。

 ファッションレンタルの各社のサイトや、ユーザーの体験談や口コミをチェックすると、ファッションの悩みである時短、視線、収納を解決できるサービスになっているようです。

\ ファッションレンタルの利用目的とは? /
  • 時短・・・朝のコーデに悩む時間を減らしたい!
  • 視線・・・気になる周囲の視線をどうにかしたい!
  • 収納・・・あふれる洋服をどうにかしたい!

 A子自身も、この3大利用目的の効果を充分に感じているようで、この他にもクリーニング代や洋服の購入費用も抑えられているようです。

 A子は続けます。

 「ファッションレンタルを利用するようになっていちばん変わったのは、自分の気持ちなの!

 そして、A子は私にこんな質問をしてきました。

 「Ayaは美容室に行くでしょ?何で美容室に行くの?」と。

 「どういうこと?」と私。

 「美容室に行く目的って、髪を切りに行くことじゃないでしょ?」

 更に、A子は続けます。

 「髪を切り終わった後に、何をするの?」と。

 「インスタ用の写真を撮るかな?」

 突然、A子の声が大きくなります。

 「そう!それっ!それなのっ!!

 ここで私は理解しました。

 例えば、美容室。

 私たちは、髪をカットしたり、カラーをしたり、パーマをかけたりする為に美容室に行きます。確かに目的はカットやパーマだけど、それが本当の利用目的ではないのです。

 本当の利用目的は、美容室できれいになった自分に満足するという体験や、費用のかかる美容室を利用しているという優越感体験しに行っているのです。

 カットやパーマだけの利用目的なら、わざわざ渋谷まで出かけなくても済むわけです。

 有名な美容室で、一流の美容師にカットしてもらったという体験や、優越感が大切なのです。

 A子も、ファッションレンタルというサービスを利用することで、1着数万円する洋服を着て、プロのスタイリストにおすすめされたコーディネイトを取り入れることで、何よりも自分に対する自信を持つという体験と、サービスを利用していることで得られる優越感を感じていたのです。

 これが、最近A子が輝いている理由でした。

 ファッションレンタルの本当の利用目的は時短、視線、収納だけではありません!

 一流のハイブランド、クオリティの高い洋服を着ているという体験や、プロのスタイリストのコーデを取り入れているという優越感にあるのです!

ファッションレンタルを利用すると特別な優越感を体験できる!

まとめ

 いかがでしたか?

 ファッションレンタルは、ファッションの悩みを解決できると思っています。

 ファッションの表面的な悩みは、時短、視線、収納にあるのかも知れません。でも、本当のファッションの悩みというものは、ハイブランドや高クオリティの洋服をなかなか着ることができない気持ちにあるのです。

 ユーザーの気持ちに寄り添い、ユーザーの気持ちを汲んでくれるのが、体験や優越感をリアルに体感できるファッションレンタルというサービスなのです。


\ ファッションにも物語がある /

タイトルとURLをコピーしました